営業マンでアポ数を目標としている方には必ず使って欲しいツール。

導入目的

googleカレンダーから日程をだすのが手間だった。

課題

10件くらいのアポ調整に1時間くらいかかっていた。

効果

スケジュール提案の時間が削減できている。

※ ログインした場合、 利用規約 に同意したとみなします。
※ Cu-hackerは、googleカレンダーの情報を利用します。
※ この情報が第三者に公開されることはありません。

Refcomeは「リファラル採用を活性化させるプラットフォーム」です。

ーーCombinator(コンビネーター)を始めたきっかけなどお話いただけますか?

2014年1月設立。Combinatorはスタートアップの仲間集めプラットホーム。私自身が起業しようと思った時に、仲間集めに苦労したのをきっかけに起業しようと思っている人の「仲間集め」を解決できるサービスを作りたいというのがCombinatorの生まれたきっかけです。

ーーーどのように事業を展開して行ったのですか?
実は、思うように事業を立ち上げることができませんでした。

半年で資金がほぼ底をついてきてしまい、1年と立たずに解散してしまいました。当時を振り返ると、売上を立てるということの重要性を理解していなかったなと反省しています。ですが、いくつかのスタートアップの創業メンバーの仲間集めに貢献することができたことは非常にうれしかったです。

web上やオフライン関係なく創業者が「熱い思い」や「気持ち」を「自らの言葉で発信」していくことで人が集まってくるということを知ることができました。


ーーーなるほど。その学びを踏まえ、現在はどんな事業を展開されているのでしょう?
現在は、「Refcome(リフカム)https://refcome.com/ 」というサービスを展開しています。

もともとCombinatorは「旗を掲げれば仲間が集まる」という思いで運営していたのですが、素晴らしい企業とは代表だけではなく、社員全員で会社の旗を掲げ、仲間集めをしているということに気づいたんです。

それをきっかけに、代表だけが旗を掲げて仲間を集めるのではなく「社員みんなで旗を掲げて仲間を集める」ようなことをサポートできないかと考えるようになりました。それが、Refcomeの立ち上げの経緯です。

Refcomeは「リファラル採用を活性化させるプラットフォーム」です。
我々は「採用を「みんなでやる仲間集め」に再定義」したいと考えています。

採用というと人事担当の方が「どんなツールを使うか」「予算はいくらにするか」「どんなスキルセットの人を採用するか」といったような事務的な作業を意識する方も多いかと思います。

Refcomeでは採用を「人事だけでなく社員みんなでやろう」といった文化を作っていきたいと考えています。

Refcomeは、社員の方がこの友達を呼びたいなと思ったら「招待ページ」を簡単に送れるようにしています。そして、人事の方は社員がどれだけの人を紹介しているのか、どれだけ採用できたかが計測できることで、社員の手数と人事の手数を減らすことのできるサービスです。

大きく採用を仲間集めに変えるには3ステップあると思っています
1step:紹介を楽にできる。
2step:紹介したい会社であること。
3step:会社を良くするために社員が会社に対して物申せる。

今はその1step目にトライしています。

日程の提案がパッとできるという感覚が価値だと思っている。

ーー面白いお話をありがとうございます。それでは次にその事業の中で、Cu-hackerをご導入いただいた背景をお教えいただけますか?

いつも、お客様と日程調整している時のコミュニケーションで、日程候補をどっち側が出すのかという雰囲気になるときってありますよね。お客様も面倒でしょうし、お客様に出させるよりもパッと自分から日程の提案を言えた方がビジネスは早くなると感じています。

自分から出す場合、今まではgoogleカレンダーを開いて→開いている日程を3件くらいおさえて→テキストを起こして→コピペを3つして、、のようにしていたんですけれど、このプロセスだけで、1回提案するのに3分くらいかかっていました。なので、20件くらいのアポを提案して調整に1時間くらいかかっていたのです。

パッとスケジュールを提出できなかったために、機会損失につながっている部分もあったと思います。

Cu-hackerを使うと、スケジュールの提案がパッとできて、そこが価値だと思っています。

仮予定を使えばダブルブッキングの心配なく安心して日程調整ができる

ーーよく使う機能はありますか?

ダブルブッキングしたら嫌なので、特に大事な予定の時は仮予定を入れて、ダブルブッキングしないようにブロックしています。

過去に調整中のスケジュールがダブルブッキングになった時があったので、複数の調整を同時にするときに使っています。

仮予定を使えばダブルブッキングの心配なく安心して日程調整ができるので非常に便利です。

本来なら30分ほどかかる時間が削減できました。

ーー具体的な効果を教えていただけますか?

例えば、先週は12件アポがあって。

そのうち5件くらいは、Cu-hackerで提案し決まったアポです。

本来なら30分ほどかかる時間が削減できました。

基本的にスケジュール調整の提案は全てCu-hackerで投げています。

おすすめポイント

アポ数を目標設定したい人には必ず使って欲しい

私はセールスの時に最も使うので、営業マンでアポ数を目標設定したい人には必ず使って欲しいと思っています。

※ ログインした場合、 利用規約 に同意したとみなします。
※ Cu-hackerは、googleカレンダーの情報を利用します。
※ この情報が第三者に公開されることはありません。

お話いただいた方

代表取締役 :清水 巧様

Combinator, Inc.(https://www.combinator.jp/) 株式会社Combinatorは、スタートアップの仲間集めプラットフォーム「Combinator(https://www.combinator.jp/)」と、リファラル採用を簡単にする「リフカム(https://refcome.com/)」を運営するスタートアップ企業です。ビジョンや熱狂で人や組織が繋がる文化を創っています。